私たちは、高品質の電磁鋼板を中心に最適な素材、製品、サービスをお客様へ提供し、エネルギー効率化社会の発展による地球環境改善に貢献します

沿革

沿革

年代 電機資材の歴史
1946年
11月18日
日本電気機械製造会(現 日本電機工業会)の資材調達部門を承継する
独立の民間法人として、資本金100万円にて電機資材株式会社を設立
1947年09月 大阪出張所を開設(1974年07月支店)
1948年10月 日本製鐵株式会社の電磁鋼板(当時 珪素鋼板)の販売を開始
1950年01月 日本製鐵株式会社(同年4月八幡製鐵株式会社)の指定問屋になる
1950年08月 小倉出張所を開設(1990年10月九州支店)
1956年09月 三井物産株式会社が初めて資本参加、電磁鋼板・薄鋼板の販売を強化
1961年04月 神奈川県相模原市に相模原工場を新設
1966年06月 大阪府堺市に堺工場を新設(八幡製鐵株式会社指定工場)
1968年02月 八幡製鐵株式会社が初めて資本参加
1968年06月 三井物産株式会社、三菱商事株式会社との共同出資で、中京鋼板工業株式会社を設立、中京鋼板工業株式会社が当社の関連会社となる
1968年08月 名古屋出張所を開設(1990年07月支店)
1977年06月 千葉県袖ヶ浦市に袖ヶ浦工場を新設(新日本製鐵株式会社指定工場)、相模原工場を閉鎖
1984年10月 三菱電機株式会社の特約店となる
1992年08月 シンガポール駐在員事務所を開設
1994年02月 三井物産株式会社、萬宝電器集団公司との共同出資で、広州日宝鋼材制品有限公司を設立
1994年11月 袖ヶ浦工場に磁気シールドパネル加工工場新築、シールドパネル加工事業を開始
1995年03月 香港支店開設(シンガポール駐在員事務所からその機能を移管)
1996年05月 カエリ(エッジのバリ)無しスリット技術を開発し、堺広幅ラインへ設置
1997年04月 中京鋼板工業株式会社は株式会社名珪と合併し、
株式会社電磁テクノ中部(2003年01月に株式会社日鉄電磁テクノへ商号変更)となる
1999年07月 三菱商事株式会社(現株式会社メタルワン)が当社に資本参加
2004年06月 ISO14001取得
2005年01月 堺工場に斜角鉄芯加工ラインを導入、電磁鋼板剪断加工(斜角・短冊加工)事業を開始
(2009年5月にラインを増設し、二基体制となる)
2006年05月 大阪支店姫路出張所を開設
2007年03月 株式会社ヒカリテックに資本参加
2008年09月 当社全額出資で、電資(蘇州)商貿有限公司を設立
2008年11月 広畑電磁鋼センター株式会社に資本参加、広畑電磁鋼センター株式会社が当社の関連会社となる
2008年12月 ISO9001取得
2010年04月 株式会社日鉄電磁テクノ、広畑電磁鋼センター株式会社及び株式会社九州電磁鋼センターが合併、日鉄電磁株式会社(現 日鉄電磁株式会社)が発足 日鉄電磁株式会社が当社の関連会社となる
2010年04月 新日本製鐵株式会社(現 日本製鉄住金株式会社)の一次商社(指定商社)となる
2010年06月 袖ヶ浦工場に極狭幅専用スリッターを導入
2011年01月 当社全額出資で、電機資材(香港)有限公司及び廣州電基資材貿易有限公司を設立し、中国の営業体制を強化(香港支店の機能を電機資材(香港)有限公司に移管)
2011年03月 株式会社エス・エッチ・ティに資本参加
2012年03月 日鉄電磁(常熟)へ資本参加(現 日鉄住金電磁(常熟))
2014年09月 袖ヶ浦工場 斜角設備稼働開始(蘇州より設備移転)
2015年04月 堺工場 三重出張所 開設
2016年11月 創立70周年
2017年06月 資本金を310百万円に増額
2018年04月 日鉄住金物産株式会社(現 日鉄物産株式会社)による三井物産株式会社の鉄鋼事業一部譲渡に伴い、日鉄住金物産株式会社が三井物産株式会社保有の当社株式全てを取得
2018年05月 広州電基資材金属製品有限公司を設立
2019年03月 電資(蘇州)商貿有限公司を広州電基資材貿易有限公司蘇州分公司に改組

お気軽にお問い合わせください TEL 03-6853-8011

PAGETOP
Copyright © 電機資材株式会社 All Rights Reserved.